米サイドストーリー

「ベイサイドストーリー」と読みます。枚方市の米屋「ことぶき米穀」の店長が、米屋の日常などを書きます。古い記事の場合、お米の価格が変わっている可能性があります。最新の価格は、ホームページでご確認ください。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

営業電話

以下の文章は2016年2月号の情報誌「一粒の芽生え」のコラムに掲載したものを加筆・修正したものです。




みなさんのお宅にもよく営業電話がかかってきますよね。

忙しい時にかかってくると大変イライラするものです。
ただの営業であっても面倒ですが、それが詐欺かもしれないと思うとさらに腹が立ちます。

以前、当店の営業時間内にかかってきた電話で、「お米が買いたい」という話がありました。
遠くまで配達してくれるかとか、ホームページはあるかとか、ホームページから注文は入っているかとか、とどまることなく質問されます。
途中からおかしいとは思っていましたが、お客様からかもしれないと思うと無下に切ることもできません。
よくよく聞いてみると「米屋専門のホームページに参加しないか」という営業です。

ずいぶん時間を取られたことも腹が立ったし、お客様を装うことも許せない。
少しバイオレンスな表現で叱ってあげました。

電話営業などでうまくいくことなんであるのだろうかと思っていました。
例え興味のあることでも電話での営業なら断るとも思います。

ある日、携帯電話に使っている電話会社から電話が。
auと名乗るから話は聞きましたが、要件は動画や本、音楽が楽しめるサービスが通常14日の無料期間が30日になるとの話。
普段なら「いらんいらん」というところが、少し見たい映画があったので、あっけなくOKを出しました。

本や音楽が楽しめるサービスは解約しましたが、映像が見られるサービスはずっと続いけています。

電話営業でも本当に興味のあることなら、受け入れてしまうのですね。
(店にかかってきたら、全部無下に切ります)

  by ことぶき米穀 店長

熊本県菊鹿町の森のくまさん「夢大地 鞠のだんだん」 5kg 2350円(税別)
スポンサーサイト

| ことぶき米穀 | 09:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【秋に入荷】京都府南丹コシヒカリの産地視察

知り合いのお米屋さんの紹介で、京都の農家さんの田んぼを見てきました。

その農家さんは、京都の長岡京市でお米を作っていましたが、なかなかよいお米が作れず、よいお米を作るためにわざわざ遠く離れた南丹の田んぼを買い(&借り)、通いながら作られています。

待ち合わせした場所は高速道路の近くで、一面田んぼが広がる場所。
当日はかんかん照りというわけではありませんでしたが、それでも暑い。
車から出られんなーというような感じでした。

そこで農家さんと合流して2台の車で移動。後ろをついていきます。
ずいぶん走るなーと思っていたら、どんどん山を登っていきます。

「ほう、この山を越えた向こうに田園がまた広がっているのか」

と思っていたら、山の上に田んぼと集落がポンっと出てきました。
キツネに化かされたと思うような場所です。

車を降りてみると、涼しい!
太陽が陰っていたのもありますが、外にいても全然大丈夫。

20160703南丹-1


今年は暑すぎて、高温障害が心配されていますが、ここの田んぼは大丈夫でしょう。

20160703南丹-2

水も綺麗で、透き通っています。

まだ正式に取引も始まっていないので、詳しい場所や、生産者の名前は伏せておきます。
ただ、これはなかなか良質米が獲れるんじゃないかと期待できます。

このお米、早ければ10月上旬には新米が入荷すると思いますので、販売を開始したらまたお知らせしたいと思います。

  by ことぶき米穀 店長

腎臓病の方に医者がすすめる「春陽」 石川県能美産 玄米1kg 500円(税別)

| 産地訪問 | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャストシステム「花子」

誰が読むのかわかりませんが、書き始めたからには終わらせます。

ローソフト[DrawSoft](最初から読む方)
アドビのイラストレーター(前回の記事)

アドビのイラストレーターは国内シェアが圧倒的ではあるが、高くて初心者向けではない。
そこで、価格も安く(1万円くらい)、初心者にも使いやすく、メーカーが倒産しない(確率が高い)ソフトとして目を付けたのが

ジャストシステムの「花子」

このソフト、実はドローソフトを使い始めた当初から知っていました。
なぜ使わなかったかというと、名前が悪い。
それだけです。

ジャストシステムといえば、国内ソフトメーカーで、ワープロソフト「一太郎」があまりにも有名な会社です。
日本語変換ソフトの「Atok」も非常にファンの多いソフト。

たぶん、一太郎があるから花子と名付けたのでしょうが、個人的には非常にわかりづらく、ダサい名前で嫌いです。
最初はどんなソフトかも確かめず、見向きもしませんでした。

しかし、海外製のドローソフトや、大手と思っていたメッツのジークルーが次々と倒れていってしまったので、
同業のおじさんたちにわかりやすくて、安くて、安定しているドローソフトを紹介しないといけません。
そういえば「花子」ってあったな。どんなソフトだろうとホームページで確認。

なんだかよさげ。

見ている限りでは、イラストレーターでできることはほとんどできそう。
それでいて、使いやすそう。
価格も1万ほど。

なんで、これを最初から使わなかったのだろう。
あ、名前が悪いからだ。

だいたいね、人に薦めるときに「花子がいいですよ」と言っても、説明された方はまず人の名前を想像するんですよ。
言うのも恥ずかしいし。
名前変えてくれませんかね(笑)

あ、長々と名前をディスってしまいましたが、今回はみなさんに「花子」をお勧めしたいと思って書いているんです。

オススメするポイント1
意外と高機能。
本気で細かくいろいろやろうとするとイラストレーターには負けるのかもしれませんが(最近のバージョンは知りません)
花子でやりたいことは大体できます。芸術作品を作ろうというのでなければなんでもできます。

オススメするポイント2
国内メーカー。
徳島県でがんばっているジャストシステムです。応援しましょう。
世界的にみるとナンバーワンではないイラストレーターですが、国内では圧倒的なシェアです。
なぜそうなったか知りませんが、プロ(または会社で支給される人)はほとんどがイラストレーターを使っています。
なんとか国内メーカーに頑張ってほしいものです。

オススメするポイント3
安い。
知りませんでしたが、最近のイラストレーターは月額制になったんですね。
使っている間は延々と払い続けないといけません。
その点、花子は1万円前後で買えます。イラストレーター3か月分くらいです。
買いたいと思えば、そのへんの大手電気屋さんに行けば大抵売っています。

オススメするポイント4
わかりやすい。
だいたい直感的にわかるようになっています。
いろんな説明が日本語なのでそれもわかりやすいです。
(海外ソフトは英語を直訳していて、よくわからない場面も多い)

オススメするポイント5
印刷屋に入稿できる。
ちょっと前まではイラストレーター以外お断りという印刷屋が多かったですが、現在は多様なファイル形式が入稿可能です。
私は知り合いの印刷屋には、花子のファイルを印刷するだけなら無料という公式ビューワーを入れてもらい、そのまま花子の
ファイルとメールで送っていました。
最近のネット印刷でも、花子に対応する会社が増えてきています。

といったような感じで花子でチラシやポップ、ポスターでもなんでも作れてしまいますので、みんなで花子を使いましょう。
そして、容易にファイルのやり取りができるようになれば嬉しいです。

ただ、米屋グループみんなで購入しましたが、まともに使いこなせたのは片手に満たない状況です。
(メールもまともに送れない人ばかりなので、もともと無謀な試みでした)

 by ことぶき米穀 店長

長野県東御市の隠し田で作られたコシヒカリ「八重原 隠し田米」5kg 2,750円(税別)

| ことぶき米穀 | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アドビのイラストレーター

前回の記事

これまでの私のドローソフトの遍歴を書きましたが、今回はジークルーを使いながらアドビのイラストレーターを使い始めたころのお話です。

イラストレーターは国内のドローソフトの中では定番中の定番です。
プロはほとんど使っていますし、業者に原稿を入稿しようとしたら、イラストレーターの形式を求められることが多いです。

つまり、ドローソフトを使うのであれば、イラストレーターなら間違いないということです。

ただ、高い!
素人が趣味程度に使うのに導入できる金額ではないのです!

それでも、仕事に使うんだし、ちゃんとしたものを使えるようになったほうがいいと思い、導入しました。

使い始めて思ったのは、これまで使ってきた数々のドローソフトとは勝手が違い、使いにくい。
高度な設定や、緻密なデザインができるのですが、感覚的にわかりにくい。

あ、これは当時の話です。

それでもなんとか使いこなせるようになってきたころに気づきました。
これはウインドウズ向けに設計されたソフトではないなと。(個人的な感想です)
ここでこうしたい ここであれをしよう と思ったところにその機能が見つけられないということが多いのです。

使いにくいな~と思いながらも使っていました。
これが日本標準ですから。(世界ではそうでもない)

しばらくすると、米屋のグループで私がチラシ作製のリーダーになれと指名されました。
(それまでもほぼ私がやっていたのですが、名実ともにリーダーとなりました)

このとき、自分用に作るチラシやポップはイラストレーターで。
米屋向けに作るチラシはジークルーで作っていました。

ジークルーは使えていたのですが、メーカーがもう解散しているので、新しいバージョンは出ないし、新しいウインドウズにも対応していない。
だましだまし使っていたのです。
なぜなら、他の米屋に紹介して、みんなで使っていたから。

これではいけないということで、違うソフトを他の米屋さんにも紹介して、みんなで使うソフトを決めようということになりました。
最初に思ったのは当然、その時点で使っていたイラストレーター。

でも、先ほど書いたように高すぎる。(あまり覚えてませんが、当時で8万くらいしたような)
そして、使いづらい。(ジークルーすら使いこなしていない米屋さんが多数)

そこで改めてドローソフトの厳選作業に入りました。
条件は
・買いやすい価格
・簡単につぶれたり、バージョンアップを放棄しないメーカー
・使いやすい

そこで見つかったソフトが ジャストシステムの「花子」です。

(つづく)

  by ことぶき米穀 店長

低タンパク米 腎臓病に方に 石川県能美産「春陽」 玄米1kg 500円(税別) 精米してお届けします。

| ことぶき米穀 | 16:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドローソフト[DrawSoft]

大学を出てすぐにこの仕事に就いたのですが、働き出してすぐの話です。
父親がパソコンの先生をあるツテで紹介され、私に

「パソコンを習え」

いま考えるとものすごく大雑把な話ですが、これが結果的にものすごく役立ちました。
その先生からは最初、ワードでチラシを作る方法を習いました。

ただ、先生もワードは本業ではなかったようで、どう考えても実用的ではない。
ワープロ機を使って作った方が100倍使いやすい。

次に先生に教えてもらったのは「エクスプレス ドロー」というソフト。
ここで始めてドローソフトを触りました。

いま思えば、先生は米屋にパソコンを教えるために、頑張って調べてこのソフトを見つけたんでしょうね。
この先生からはこの後、本職であるエクセルを徹底的に教え込まれました。
結果、自分でVBAマクロ組めるくらいにはなりました。

エクスプレスドローは非常に使いやすく、思ったことが感覚的に実現できます。
このソフトを使って、先生がビックリするようなチラシを最初に作ってしまったんです。
そこからですね。調子に乗っていろいろ作り始めたのは。

しばらく使っていたエクスプレスドローも、販売元の倒産かなにかで、パソコンを新しくするときに引き継げなくなりました。
困って先生に相談したら、「エースドロー」というソフトを見つけてきてくれました。

名前も似ているし、使い方もほぼ同じ。互換性が全くありませんが。

これを使っているときに、米屋仲間と協力してチラシを作るようになっていたので、仲間たちにエースドローを紹介して、みんなでファールを共有しながらチラシの作成などをしていきました。
価格的にも2万円台で、米屋が仕事に使うには問題ないくらいの価格です。

すると、またまた倒産したのか開発中止になったのかエースドローも手に入らなくなりました。

次は自力で見つけたのですが、ジー・クルーというソフト。
これは国内メーカーのソフトなので、電気屋さんなどでも市販されており、名前は前から知っていました。

使い始めて、これもすぐに使いこなせました。
この手のソフトは使い方がほぼ同じなんですよね。
あと、ウインドウズはアプリケーションの形式がほぼ同じになるようになっているので、これも使いやすい要因です。

米屋仲間にもジー・クルーを薦めて、同じようにチラシを作成していました。
そして、これも何年か経つと同じ結果に。
メッツという会社でしたが、解散してしまいました。

これには困りました。
国内メーカーなので、これまでのようなことはないだろうと思っていたのに、いきなり解散ですから。
この頃には米屋仲間にもかなり紹介していて、みんなジークルーを使っている状態だったんですよ。

とりあえず、騙し騙しでこのまま使おうって結構長く使いました。
メーカーもないので、パソコンを買い替えても、同じディスクを使って新しいパソコンにインストールしても怒られないだろうと。
恐る恐るXPに入れてみて、ダメでもともととヴィスタに入れてみたりしましたが、現在の7でも動いています。

ただ、データが壊れたらアウトなので、XPで使っているころから新しいドローソフトを探していました。
そこでようやくアドビのイラストレーターに手を出します。

つづく

  by ことぶき米穀 店長

農家を厳選し、厳しい基準をクリアしたお米だけが名乗れるブランド米「美穂のかほり」 5kg 3150円(税込3402円)

| ことぶき米穀 | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。