米サイドストーリー

「ベイサイドストーリー」と読みます。枚方市の米屋「ことぶき米穀」の店長が、米屋の日常などを書きます。古い記事の場合、お米の価格が変わっている可能性があります。最新の価格は、ホームページでご確認ください。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明日、FMラジオに出ます!


以前、ここに少し書きましたが、明日FMラジオに出演します。
FMラジオといっても、「FMひらかた」という地域FM局なので、聴ける人はわずかだと思いますが。

13時頃から、2時間出演します。
何人かのうちの一人なので、それほど多く喋るわけじゃないと思いますが、スタジオにはずっといるようです。
枚方市駅の「サテライトスタジオ」から生放送らしいので、たまたまそこを通る人は見ていってください。
(サテライトスタジオは駅の改札を出たところにあり、中が見えるスタジオです)

では、明日、FMひらかたでお会いしましょう。

  by ことぶき米穀 店長

熊本県山鹿市菊鹿町 棚田米「夢大地 鞠のだんだん」5kg 2480円
スポンサーサイト

| 米外伝 | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FMラジオに出演決定!

ちょっと知り合いに誘われまして、地域FM局「FMひらかた」に出演することになりました。
前に当店に取材に来てもらったことのあるラジオ局ですが、今回はスタジオに行き、2時間出演するらしいです。

また詳しくわかったら報告します。

  by ことぶき米穀 店長


お米の年間契約「ネンケー」!

| 米外伝 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【イベント】九州旨いもんフェア【デュオこうべ】

昨日、2月13日(日)に知り合いの米屋さんが出店するイベントの手伝いに行ってきました。

場所はJR神戸駅とハーバーランドの間にある「デュオこうべ」です。
イベントの名前は「九州旨いもんフェア」。
いつも枚方の田舎でイベントをやっているので、神戸でやるイベントということでテンションあがりました。

九州新幹線開通に伴い、九州の美味しいものを一堂に集めたイベントです。
このイベント自体は明日の15日までやっていますが、知り合いの米屋さんは土日のみの出店です。
そのうち、13日の方に手伝いにいきました。

販売したのは、すべて熊本産で
・山鹿市菊鹿産「夢大地 鞠のだんだん」5kgと1kg(試食あり)
・山鹿市産「夢大地 米の粉」
・山鹿市産「鹿本銘茶 大地」
・阿蘇産「たかな漬け」
・天草産「たべるいりこ」(試食あり)
・天草産「南蛮手巻菓子」(試食あり)

2畳ほどのスペースでこれだけ販売しました。
スタッフは米屋が3人と、女性陣が4人。
女性3人は熊本から来てくれました。

20110213 九州旨いもんフェア1

こんな感じで大盛況。
ピンクの服の方々は、熊本から来てくれたコンパニオンガールです。

今回は私はお手伝い要員なので、控えめにティッシュ配りなど。
10時から20時までの長いイベントだったので、疲れましたが、いろんな方と触れ合うことができました。

ベビーカーを押した男性に試食のご飯を渡したら、赤ちゃんに食べさせてくれ、その赤ちゃんがなんとも言えない満面の笑みを見せてくれました。
その瞬間を写真に収めたくなるくらいの気持ちのいい笑顔で、隣のブースの方なども笑ってしまうほど。
なんとも和やかな雰囲気になりました。

最近はこういうイベントで欠かせないゆるキャラの着ぐるみ。
今回も登場!
と思ったら、準備しているところをもろに見てしまいました。

20110213 九州旨いもんフェア2

体にいっぱい器具を付けていたのでなんだろうと思っていたら、チャックを閉めた瞬間にどんどん膨らんでいきました。
完成です。

20110213 九州旨いもんフェア3

すみません、このキャラの名前を聞いて来るのを忘れました。


イベント会場の目の前に「とんかつ KYK」がありました。
恥ずかしながら、私はKYKに行ったことがありません。
関西の方なら、100%の知名度を誇るとんかつ屋さんですが、行く機会がありませんでした。

先に休憩をとったもう一人のお手伝い米屋さんが、KYKで食べてきたらしく、「めっちゃ美味かったで!」と。
昼食はいらないよと言っていた私も、その言葉に負けて、交代で休憩をもらい、行ってきました。

20110213 九州旨いもんフェア4

中は

20110213 九州旨いもんフェア5

めちゃめちゃ柔らかかったです。
脂身もしつこくなく、ペロリとたいらげました。


イベントも終盤になり、キャンペーンガール達も、引き上げ、そこからはおっさん3人でブースを切り盛り。
客足も減りだし、通る人も、駅へと一目散に歩いていきます。

暇になってきたので、向かいのブースの「生たらこ」や「めんたいこ」を買ってきました。
20110213 九州旨いもんフェア6

このまま食べてもめちゃめちゃ美味しかったのですが、我々には大量に炊いた試食のご飯があります。
めちゃめちゃ美味しいたらこと、めちゃめちゃ美味しい夢大地 鞠のだんだん

コラボして、こんなことになっちゃいました。

20110213 九州旨いもんフェア7

こんな機会でないとできない、超ぜいたく生たらこおにぎり。
隣の乾物屋さんにも食べてもらうと、「日本人でよかったな~!」と感動されていました。

20時になり、テキパキと撤収作業。
ここから、JR神戸駅前の「和民」で打ち上げです。

私は帰りはドライバーなので、お酒は飲みませんでしたが、みんな疲れ切っていたのもあり、妙にハイテンション。
深夜2時を回ったところで、シラフの私がストップをかけ終了。
乗り合わせて行っていたので、二人を送り、車を乗り換えて、家に着いたのは早朝の4時でした。

  by ことぶき米穀 店長

| 米外伝 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【米外伝】米店号のナビが壊れた!

当店の配達車(米店号)にはナビが付いています。
いきさつについてはコチラを参照。

昨年の10月に前の車から載せ替えて、直後から正直いうと調子が悪かったんです。
エンジンを掛けてもなかなか立ち上がらなかったり、設定がクリアされてたり、
ここ数日は「システムをロードしています」というメッセージが出て、初期化されたりが頻繁に起こりました。

ナビを載せ替えた途端にこうなって、どんどんひどくなるので、作業をしてくれたディーラーに相談しました。
電話した直後からとうとうブラックアウト。
まったく画面になにも表示されません。
配線がおかしいんだと思っていたんですが、車を持っていくと、

 「配線は問題ないです。本体の可能性が高いですね。」

ぬぅ・・・まじですか・・・
3万も出して付け替えてもらったのに・・・(まけてもらって3万でした)
これを修理するとまたお金がかかる。
しかも、修理するしないにかかわらず、メーカーに出しただけでお金がかかるらしいです。

困った。。。
載せ替えた直後から調子が悪くなったのは明らかなんです。
しかし、本体が故障していると言われたらどうしようもないんです。
悔しいので、ディーラーさんに愚痴愚痴と言ってしまいましたが、解決などできるはずもない。

3万も出して載せ替えて、3か月で壊れるなんて。

元々、このナビを買ったカー用品屋さんに行ってみました。
ディーラーさんと同じことを言われました。
当然ですね。でも、ショックが大きくて、気が動転していたんでしょう。
しかも、カー用品屋さんでは、自分がした作業でもないし、壊れたナビをどうこうしてあげようなんて思うはずもありません。

半泣きで、店に戻る途中、運転しながら、いろんなボタンを連打したり、長押ししたりしました。
すると、小さい穴を発見。
これは、リセットボタンでは??

ボールペンで、ポチっとな。

しばらくしてから、「システムをロードしています。」と出ました。



(`・ω・´)v


  by ことぶき米穀 店長
 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑応援していただけると嬉しいです。

| 米外伝 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小豆論争

当店では小豆も販売しています。
「大納言小豆」と普通「小豆」の2種類。

うちの両親は大きい小豆を「大納言(だいなごん)」、小さい小豆しょうず」と呼びます。
昔からこう呼んでいたと。

ずいぶん前ですが、これに疑問を感じていました。
お客さんにも「大納言がいいですか?しょうずがいいですか?」と話すので、間違っていたら恥ずかしいと。

調べてみました。
小豆自体を「あずき」とも「しょうず」とも呼ぶらしいですが、小さい小豆を「しょうず」と呼ぶとはどこにも書いていません。
しかし、呼ばないとも書いていません。

私は、不確定な呼び方はやめようと言いますが、母親などはこれが正しいと言い張ります。
そんな感じで、ずっとこの状態が続いていました。

小豆を仕入れて小袋に分けるとき、自作シールを貼るのですが、このシールの「小豆」という文字に、「しょうず」という読み仮名を姉が付けてしまいました。
これはいかんということで、ちゃんと調べることにしました。

やはり、小さい豆を「しょうず」と呼ぶという根拠は見つかりませんでした。
それとは別に、あるアナウンサーのブログで、和菓子店の店主が小豆を「しょうず」と呼んだので、ナレーターがそのまま「しょうず」と言ったら、視聴者からお叱りの言葉が届いたらしいです。

そうなんです。業界用語的に使われている言葉を一般の人に使うと、伝わらないどころか、不信感を持たれる可能性があるということなんです。
米屋業界にも「米袋」を「べいたい」と呼ぶ向きがあります。
しかし、「べいたい」とお客さんに言っても伝わらないことがあります。
だったら、一般の方にたいしては「こめぶくろ」と呼ばないといけない。

「しょうず」もそうではないか。
というわけで、当店では従業員同士が「しょうず」と呼ぶのはいいけど、お客さんにたいしては大きな小豆を「大納言」、小さな小豆を「普通のあずき」と呼ぶようにしました。


母はまだ納得していませんが。


  by ことぶき米穀 店長
 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑応援していただけると嬉しいです。

赤ちゃんの顔が米袋にプリントされたお米。内祝いに!

| 米外伝 | 18:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。