米サイドストーリー

「ベイサイドストーリー」と読みます。枚方市の米屋「ことぶき米穀」の店長が、米屋の日常などを書きます。古い記事の場合、お米の価格が変わっている可能性があります。最新の価格は、ホームページでご確認ください。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【M-1】2010

前のエキサイトブログから毎年M-1の総評的なことを書いてきましたが、今年で最後ですね。
今さっき、敗者復活と、本戦を見終わったところです。

まず、審査員についてですが、初登場のさまぁ~ずの大竹さんと、雨上がりの宮迫さんが出てきました。
R-1の司会の宮迫さんはいいのかと思いながらも、良いメンバーでしたね。
大竹まことさんが出れないからさまぁ~ずの大竹さんが出るのか、逆なのかとか思いましたが、全然関係ないでしょうね。
ただ、やっぱりおかしいのは中田カフスさん。
切れない黒い事情があるのでしょうか。

では、1組目のカナリアから。
しっかりとネタを見たのは初めてです。
あまり好きではないタイプのネタでした。
完成度は高かったように思いますが、笑いのピークが中盤だったので、尻つぼみ感もありました。

2組目は、ジャルジャル。
非常に好きなコンビですが、漫才を見るのは初めてです。
序盤は、コテコテの教科書のようなベタ漫才。
これは仕掛けがあるなと思ったら、思ったとおり、序盤のベタ漫才をフリにした崩しに入りました。
めちゃめちゃ笑いました。
しかし、松本さんが「これを漫才ととっていのかどうか」と言うように、これでは点数が入りませんね。
最初から最後までを、完全に「漫才コント」としてやっていた感があります。

3組目は、スリムクラブ
毎年こんな感じのダークホースが入りますね。
沖縄出身の無名の新人。一応吉本らしいです。
始まった瞬間、大きい方の活舌の悪い人が、たどたどしく話し出すので、これはキンチョーしてるんだな、これはダメだと思いました。
ゆっくりした間が見ていて不安になるような。
しかし、それが、作りだした空気だったんですね。
途中から完全に引き込まれました。
明日から、スリムクラブが大ブレイクすることでしょう。

4組目は、銀シャリ。
好きなコンビです。
ツッコミが秀逸です。
昭和の香りがするといいますが、そうは思いません。他が漫才をやっていないだけです。
漫才ということでいうと、この日一番面白かったです。

5組目は、ナイツ。
2回出てるし、テレビにも出まくっているので、もう飽きた感じがしていましたが、ナレーションで、「新生ナイツ」になったと言っていたので期待しました。
始まったら、普通の小ボケを繰り返す安心感のある漫才。
中盤から、多くの小ボケを違うボケとして回収していきました。
今年のM-1の特徴として、前半ネタ振り、後半回収という形が非常に多かったです。
伏線を回収していくも、大きな笑いもなく、ただただ安心して見ていられる漫才という感じでした。

6組目は、笑い飯
第2回目のM-1から9年連続決勝進出。
去年がラストイヤーだと言っていたのは誰ですか?
去年の鳥人に続き、上半身がサンタクロースで、下半身がトナカイという、サンタウルスというキャラを作ってきました。
いつも通り面白かったです。

7組目は、ハライチ。
去年、一番面白かったと思った人たちです。
やっぱりM-1後、あちこちのテレビで見かけるようになりました。
今年は「新生ハライチ」なんだとか。
でも、何も変わらず。
私にはそう見えました。
面白かったのですが、新鮮さはありませんね。

8組目は、ピース。
今年ブレイクしたコンビですね。前から出ていましたが、キングオブコントでハネた感じです。
今日のネタも、個人的には好きですが、M-1で優勝するほどのネタではなかったかも。
又吉さんがもっとネガティブで、ドロドロした感じのネタを見たかったです。

9組目は、敗者復活のパンクブーブー。
昨年のチャンピオンです。
会場も審査員もウケていたみたいですが、私はそれほどでもなかったですね。
出出しは面白いと思ったんですが、それが掴みだと思ったら、最後までその調子で変化なく。
唯一、けんか相手を兄ちゃんと呼んでいた人が実の兄だったというところで爆笑とっただけという印象です。

順位は1位がパンクブーブー。同点で笑い飯
3位がスリムクラブ

最後まで私の訴えは通りませんでしたが、敗者復活が最後に出てくるのは絶対におかしいですよ。
だからずっと敗者復活が好成績なんですってば。
もう終わっちゃったから仕方ないけど、敗者復活は早めに決めて、アタマにもってこないと。
決勝進出したのに、アタマに出ないといけない組が可愛そうです。

で、最終決戦。
スリムクラブが1本目と同じクオリティーのネタをもう一本やり、これはスリムクラブが取っちゃうんじゃないかと思いました。

笑い飯は、面白かったのですが、私は見たことがあるネタだったので、判断しづらい状況。
いや、私は審査員じゃないから判断しないでいいんですが。

最後のパンクブーブーは、1本目とまったく同じ流れのネタ。
どうしてこれをチョイスしたのか不思議です。
それなら、去年の優勝したネタをもっかいやった方がいいんじゃないかと思うほど。

紳介さんは、票が割れると言いましたが、私もどっちかな~と悩みました。
新鮮度や、当日の出来では、スリムクラブですが、笑い飯は積み重ねてきたものがある。
9年間、ずっと同じクオリティーを続けてきて、鮮度がとっくになくなった今年でもこんなに面白いということは、最後のチャンピオンは笑い飯でよかったんじゃないかと。

私が審査員でもやはり笑い飯に入れたでしょうね。


毎年楽しみにしてきたM-1が終わってしまい、残念です。
オリンピックのように、4年に1回くらいやればいいんじゃないですか?
あと、10組のチャンピオンがいるんだから、グランドチャンピオンシップをやるとか。
アンタッチャブルの柴田さんがいないから難しいとは思いますが。
なんらかの形で、またやってほしいです。

  by ことぶき米穀 店長
 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑応援していただけると嬉しいです。

| お笑い | 00:18 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【お笑い】松本人志の放送室

最近、ダウンタウンの松本人志さんがやっていたラジオを聞き直しています。
そのラジオとは「松本人志放送室」。
小学校からの同級生である放送作家の高須さんと二人でやっているラジオです。

これまで聞いてきたどのラジオよりも面白いです。
だから、未だに残していますし、久々に聞いても爆笑してしまいます。

そのラジオで、コボちゃんの話がありました。
松本さんが新聞を読んでいて、コボちゃんを見ていたら、一瞬「ん??」と思い、もう一度読み直すとやっと意味がわかったという。
それをその場にいたジャリズムの山下さんと、新喜劇の大山さんに見せたところ、全然オチの意味がわからなかったとか。

そして、さらに今田さんに見せたら、今田さんはすぐにわかった。
面白いと思った松本さんは、その4コマを切り取って、いろんな人に見せたらしいです。

すると、雨上がりの宮迫さんはわかったけど、蛍原さんはわからなかった。
木村祐一さんはわかったけど、山崎邦正さんはわからなかった。

松本さんの推測によると、これは売れてる芸人はわかって、そうでない芸人はわからないのではないかと。
これをラジオで高須さんに見せると、高須さんはわからなくて、とても凹んでおられました。

そこで、松本さんはなんと、ラジオでオチを説明してしまったんです。。。

これは8年くらい前の放送なんですが、その時に聞いていた私は、すぐにネットで調べて、そのコボちゃんの回を手に入れました。
しかし、オチを聞いてしまっていたので、わかりにくいな~とは思いながらも、自分で試すことはできず。

当時、私もこれをプリントアウトして結構いろんな人に見せたものです。

という話を今回聞き直して思いだしました。
さぁ、みなさんはわかりますか??

わかった!という方はオチを書かずにコメントしてください。
当たってるか不安な方は、メールフォームから送ってください。
わからない方は、わからないと書いてください(笑)




コボちゃん



  by ことぶき米穀 店長
 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑応援していただけると嬉しいです。

| お笑い | 23:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【M-1】2009

今年のM-1グランプリが今日ありました。
ちょっとした寸評じみたものを書きます。

去年の寸評→(旧ブログ)http://ktbk.exblog.jp/7754867

今年は昼間に敗者復活の様子を放送していました。
今日は休みだったので、そちらも見ることができました。
昨年のブログでも書きましたが、敗者復活はずるい。
客前でネタはフルでやって、出来上がったところを、M-1の最後の順番に出てきて、客があったまったところでやるわけですから、最終決戦に残りやすいわけです。

ところが、今年は昼間に放送するということは、昼間に敗者復活を決めて、最初から9組でやるんだと番組表をみて思いました。
やっと改善したか~。
それで敗者復活を見てみると、生放送。
ん?ここで彼らのネタを見てしまっていいのか?たぶん同じネタを決勝でもやるでしょ。
その配慮からか、ハイライトで少しだけ見せるという感じで、雰囲気だけを伝えていましたが、名前のあるコンビなどは、結構ガッツリ見せていました。
昨年優勝のノンスタイルや、キングコング、我が家など。
で、敗者復活が決定するのかと思いきや、そのまま番組終了。

なんや、いつもと同じなんや。


で、夕方6時30分からM-1決勝が放送開始。
というわけで、本題に入ります。

1組目は、ナイツ。
今田さんがオープニングで「くまだまさし」さんが前説をやったのはなんでだと言っていましたがが、たぶんそのせいか、客は例年に比べて格段に温かかったのではないでしょうか。
いつも前説無しでやってたのか??
ナイツは面白いですが、昨年と同じような漫才ならきっとダメだろうと思いましたが、かなり面白かったです。
ボケの塙さんは同じ感じですが、ツッコミの土屋さんがツッコミという形のボケという感じで、塙さんが前フリ、土屋さんがボケみたいになっていました。
1組目にしてかなりの高得点。
それでも、1組目というのはやはり不利ですね。

2組目は、南海キャンディーズ。
山ちゃんはキレがありましたね。
ただ、終盤に向けて失速気味。
静ちゃんがドタバタしすぎた感が。

3組目は、東京ダイナマイト。
お決まりの出囃子にかぶせて、喋りながら出てくるという掴みは新しかったです。
ネタも前回に比べて、面白かった。
なにより、ボケの松田さんが、唇のなめる癖がなくなったのが大きかったのでは。
元々、ネタのセンスは抜群だと思います。

4組目は、ハリセンボン。
審査員もコメントで言っていましたが、春奈さんが出出しに全く喋れず。
客に心配されるくらい引かせたんじゃないでしょうか。
終盤に取り返しましたが、テレビの露出が多すぎて、ネタも新鮮味がなく、高得点は出ず。
前回上沼さんに「女芸人は恋をしたら面白くなくなる」ということを言われ、それを覆すつもりが惨敗に。

5組目は、笑い飯。
8年連続決勝進出だとか。
「鳥人」の設定が異様にハマり、大爆笑。
史上初の100点満点を紳介さんが出しました。
初めて笑い飯が出てきた時くらいのインパクトがありました。
ここで笑い飯が1位に。

6組目が、ハライチ。
初出場で、まったく知らないコンビ。
こういうコンビが爆発することがよくあります。
緊張しまくって、噛んだり、飛んだりしてたんじゃないでしょうか。
しかし、アドリブとネタの境目あたりを攻める感じが私には一番ハマりました。
ハッキリ言って、笑い転げました。
私の中ではここまででハライチが1位です。
でも、結果は3位。
初出場にしてはよくやりましたが、あとのメンバーを考えると、3位では残れないでしょう。

7組目が、モンスターエンジン。
大好きなコンビですが、やはり漫才向きではありませんね。
ネタは面白かったのに、テンポがおかしく、笑うタイミングが作れてなかったように。
緊張なんでしょうか、コント向きなんでしょうか。
キングオブコントでもおかしかったですが、賞レース自体向いていないのか?

8組目は、パンクブーブー。
名前は知ってましたが、見たことはありませんでした。
ネタが抜群に面白かったです。
下積みが長かったということなので、長年培ったネタを詰め込んだという感じでしょうか。
よく、「なんでこんなネタをM-1でやるんだ」と思うことがありますが、パンクブーブーは、これこそM-1に向けて笑いを詰め込んだ逸品を作りこんだという感じがしました。
ここで2位に食い込み、最終決戦進出も決定づけました。

9組目は、敗者復活のノンスタイル。
去年は優勝しましたが、まったく1度も笑うことができませんでした。
今年は、昼間の方で、ネタの冒頭を見ましたが、結構面白かったです。
ただ、ここで昼間に心配した、1回見せてしまったら、全然あかんやん!ということがそのままおこりました。
冒頭の1分くらい、まったく同じネタ。
面白かったのに、同じネタを見せられて、少し冷め気味。
しかし、中盤から後半にかけても面白く、昨年笑えなかったのは、私が悪かったのか、昨年のノンスタイルが悪かったのか余計にわからなくなりました。
ノンスタイルが3位に食い込んで、ナイツが撃沈。

ここから最終決戦の3組の演技。
1組目は、ノンスタイル。
ネタが1回目と丸カブリ。
気になって、面白いところも笑えず。
しかも、去年もありましたが、1回目でウケたネタを2回目にかぶせるという、個人的に好きじゃない技もまたやっていました。

2組目は、パンクブーブー。
これまた1回目のネタをかぶせたところもありましたが、ネタは1回目と同じレベルの面白さで、懐の深さがありました。

3組目は、笑い飯。
キャッチャーと審判のネタ。
私はこれはかなり面白かったです。
でも、パンクブーブーと比べるときついかな?と思っていましたがが、ネタが後半から切り替わり、ラグビーのネタに。
なんで、ここでラグビーのネタを持ってくるんだろう。
「チンポジ」がやりたかったんだろうけど、会場の空気とは合いませんでした。

結局、審査員が全員パンクブーブーに入れ、チュートリアルに続いて2回目の完全優勝。

笑い飯が結局取れなかったのはすごく残念です。
しかし、昨年よりは、かなり納得のいく結果になりました。

それにしても、いつまでカウスさんが審査員をやるんでしょうか。
外せない理由があるんでしょうか?

  by ことぶき米穀 店長
 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑応援していただけると嬉しいです。

| お笑い | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【猿岩石】有吉 弘行

もうかなり前になりますが、「進め!電波少年」で大ブレイクした猿岩石。
ヒッチハイクでユーラシア大陸横断という、芸人に長期間無理をさせる企画の走りです。

日本中が猿岩石を応援しました。
私もビデオを買ったり、本を買ったりしました。
で、日本に帰ってきてからも売れに売れました。

当時は実力が伴っていないのに、人気だけでテレビに出て、すぐに消えていったという認識が世間にあったのではないでしょうか。
私も思っていました。
特に、有吉さんのテレビでふてくされたような表情を見ると、イラっとしたものです。

で、いわゆる地獄を見るわけですが、数年前からチラホラテレビに出だして、みなさんが認める再ブレイクに至るわけですね。

なんといっても再ブレイクのきっかけは「アメトーーク」での「おしゃべりクソ野郎」発言だったんじゃないでしょうか。
あのとき、私はリアルタイムで見ていましたが、テレビの画面からもスタジオが揺れるという感じがわかりました。
スタジオどころか、私もひっくりかえって笑ってたので、日本が揺れたと言ってもいいのでは。

いや、大阪は1時間遅れで放送してるので、私が日本が揺れたと感じるわけはないのですが。

アメトーークであそこまで笑ったのは、小木さんの「ねじまはじま」と、江頭さんの「モノマネ」です。

とにかく、そこから再ブレイクしましたね。
なんで有吉さんのことをこんなに書いたかというと、本題はここなんです。


有吉 弘行」をなんて読みますか?
ずっと「ひろゆき」だと思ってましたが、「ひろいき」だったんです。

ただ、それだけなんですけどね。
本人は面倒なので、訂正もしないらしいです。
父親に理由を聞いてもごまかすらしく、本人は「ひろゆき」と呼ぶらしい(笑)

  by ことぶき米穀 店長
 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑応援していただけると嬉しいです。

| お笑い | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホンコンさん

過去に、芋洗坂係長がお笑いコンビ「テンション」の痩せてたほうだったという衝撃を、前のブログにかきました。→コチラ

その時の衝撃と同じくらいの衝撃が最近ありました。

私は、昔からそこそこお笑いが好きで、大阪時代のダウンタウンの番組もよく見ていました。
当時の2丁目メンバーの今田耕司や、130R、オールディーズ、リットン調査団などがよく一緒に出ていました。
今考えると、かなり豪華なメンバーです。

先日、「かざあなダウンタウン」という、昔やっていた番組を見る機会がありましたが、まったく見覚えがなかったので、たぶん関西では放送してなかったんじゃないかと。
その番組で、衝撃がありました。

出ていたのは、大阪での2丁目メンバーのほとんど。
今田・東野・130R・木村祐一・山崎邦正・リットン調査団とダウンタウン。
番組中に、先輩後輩が分かりづらいのではっきりさせようという話になりました。
そのときに出た話です。

今田耕司と130Rのホンコン(蔵野)は同期で、コンビを組んでいたのは結構有名な話です。
ちなみに、当時のコンビ名は「ダブルホルモンズ」です。
そして、蔵野は「ホンコン・マカオ」というコンビを組み、そこから「ホンコンさん」という芸名をそのまま使っているというのも有名です。

しかし、もともと「ホンコン・マカオ」というのは、板尾創路が当時の相方と組んでいたコンビ名だったんです。
しかも、板尾はそのうちの「ホンコン」の方だったとか。
板尾の「ホンコン・マカオ」が解散したときに、蔵野がそのコンビ名をもらい、コンビを組み、「ホンコン」を名乗っていたらしいです。

そして、この二人がコンビを組み、「130R」になったので、ある意味「ホンコン・ホンコン」なんです。

  by ことぶき米穀 店長
 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑応援していただけると嬉しいです。

| お笑い | 00:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT