米サイドストーリー

「ベイサイドストーリー」と読みます。枚方市の米屋「ことぶき米穀」の店長が、米屋の日常などを書きます。古い記事の場合、お米の価格が変わっている可能性があります。最新の価格は、ホームページでご確認ください。

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【読書】スクール・ウォーズ

以前、このブログを見て、メールをくれた馬場先生の本の紹介です。
といっても、あまりにも有名なあの話です。

 「スクール・ウォーズ―落ちこぼれ軍団の奇跡」馬場信浩(光文社文庫)

ドラマ「スクール☆ウォーズ 〜泣き虫先生の7年戦争〜」の原作本です。
原作は小説というよりもドキュメントに近い、ノンフィクション物です。
内容も私よりも詳しい人が多いと思いますが、ちょっと書きます。

ラグビーの元全日本だった山口良治が、伏見工高に体育教師として赴任し、不良ばかりのラグビー部をわずか7年で全国優勝まで導くという実話をもとにした本です。

ラグビーをやっていた人では知らない人はいない、山口良治監督や、ミスターラグビーの平尾誠二さんや、大八木さんや他にも有名な方が実名で出てきます。
ラグビーファンにはたまらない本です。

ドラマを見ていた人は、ドラマの映像を思い浮かべながら読むことができますが、そこに出てくる人物は、山下真司さんではなく、山口良治さんになり、リアルな想像ができるようになります。
ドラマを知らない人でも、この本はリアルな想像をかきたてる描写がいくつもあり、熱い気持ちで読み進めることができるでしょう。
私は何度も泣いてしまいました。

ただ、ラグビーの用語が多く、ルールを知らない人にはちょっと理解できない場面もあるかもしれません。
詳細にはわからなくても、大筋には問題はないので、反則したんだという雰囲気だけわかれば、読み進めるのには問題ないと思います。

とにかく、あの泣き虫で有名な山口先生や、冷静で不出の天才の平尾誠二さんが作った伝説を、ラグビーをやっていたのにも関わらず、読んだことがなかったということが恥ずかしくなりました。
ラグビーファンは必ず読むべき一冊です。

そして、ドラマをまた見たくなってしまいました。。。

  by ことぶき米穀 店長
 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑応援していただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

| 読書感想文 | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。