米サイドストーリー

「ベイサイドストーリー」と読みます。枚方市の米屋「ことぶき米穀」の店長が、米屋の日常などを書きます。古い記事の場合、お米の価格が変わっている可能性があります。最新の価格は、ホームページでご確認ください。

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【こめ知識】新米

こめ知識】とは、豆よりも小さいお米のような、豆知識にもならない、ちょっとしたお米の話です。


新米」について書きます。
新米」という言葉を知らない人はいないと思います。
では、「新米」とは何か?と尋ねてちゃんと答えられる人は何人いるでしょう。

ちゃんと答えられなくても、大きな意味では全員わかっていると思います。
「収穫されてすぐのお米」
「古米じゃないお米」
「秋に売っているお米」
イメージとしては、そんなところでしょう。
しかし、大きな意味では当たっていますが、正確には間違いです。

新米の定義をわかりやすく書くとこうです。
「そのお米が収穫された年の12月31日まで『新米』と呼ぶことができる」

しかし、これでは、12月31日に売れ残ってしまったお米の米袋に書いてある「新米」という表示を取り除かなくてはならなくなってしまいます。
シールを貼っている場合、はがしてしまうとベタベタしたり、綺麗にはがれなかったりします。
米袋に直接印刷されているお米などは、袋を詰め替えなくてはならなくなります。

これらの対策として、
「12月31日までに精米したお米」と「12月31日までに袋詰めした玄米」については、新米と表示されたまま販売することが認められています。

つまり、年明け以降に新米と米袋に表示してあるお米は、12月31日までに精米されたものや、袋詰めされた玄米であるということです。
なぜ、新米についての記事を1月に書くかというと、これを言いたかったからです。

お米には、「新米」か「古米」しかないと思っている方がよくいますが、収穫されてから年末までは「新米」で、年明けから、次のお米が収穫されるまでは「新米でも古米でもない米」で、次のお米が収穫されると「古米」となります。
ただ、これは厳密な規定はなく、口頭で「新米」だとか「古米」だとか言う分には、個人的な見解で言ってもいいかもしれません。
法律で規定しているのは、あくまもで食品表示法(JAS法)であり、個人的見解で年が明けても新米と呼び続けると罰則があるというわけではないのです。

私が冒頭で、「正確には間違いです」と書いたのは、JAS法の規定に従った場合の話で、米業界ではこれが目安となり、定説となってしまったからです。

  by ことぶき米穀 店長

低たんぱく米 石川県産「春陽」 玄米1kg 560円。

| こめ知識 | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |