米サイドストーリー

「ベイサイドストーリー」と読みます。枚方市の米屋「ことぶき米穀」の店長が、米屋の日常などを書きます。古い記事の場合、お米の価格が変わっている可能性があります。最新の価格は、ホームページでご確認ください。

2016年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

営業電話

以下の文章は2016年2月号の情報誌「一粒の芽生え」のコラムに掲載したものを加筆・修正したものです。




みなさんのお宅にもよく営業電話がかかってきますよね。

忙しい時にかかってくると大変イライラするものです。
ただの営業であっても面倒ですが、それが詐欺かもしれないと思うとさらに腹が立ちます。

以前、当店の営業時間内にかかってきた電話で、「お米が買いたい」という話がありました。
遠くまで配達してくれるかとか、ホームページはあるかとか、ホームページから注文は入っているかとか、とどまることなく質問されます。
途中からおかしいとは思っていましたが、お客様からかもしれないと思うと無下に切ることもできません。
よくよく聞いてみると「米屋専門のホームページに参加しないか」という営業です。

ずいぶん時間を取られたことも腹が立ったし、お客様を装うことも許せない。
少しバイオレンスな表現で叱ってあげました。

電話営業などでうまくいくことなんであるのだろうかと思っていました。
例え興味のあることでも電話での営業なら断るとも思います。

ある日、携帯電話に使っている電話会社から電話が。
auと名乗るから話は聞きましたが、要件は動画や本、音楽が楽しめるサービスが通常14日の無料期間が30日になるとの話。
普段なら「いらんいらん」というところが、少し見たい映画があったので、あっけなくOKを出しました。

本や音楽が楽しめるサービスは解約しましたが、映像が見られるサービスはずっと続いけています。

電話営業でも本当に興味のあることなら、受け入れてしまうのですね。
(店にかかってきたら、全部無下に切ります)

  by ことぶき米穀 店長

熊本県菊鹿町の森のくまさん「夢大地 鞠のだんだん」 5kg 2350円(税別)
スポンサーサイト

| ことぶき米穀 | 09:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。