米サイドストーリー

「ベイサイドストーリー」と読みます。枚方市の米屋「ことぶき米穀」の店長が、米屋の日常などを書きます。古い記事の場合、お米の価格が変わっている可能性があります。最新の価格は、ホームページでご確認ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

米トレーサビリティ法

本日、大阪農政事務所で行われた「米トレーサビりティ法講習会」に行ってきました。

米トレーサビリティ法」とは、通称で、本当の名前は「米穀等の取引等に係る情報の記録及び、産地情報の伝達の関する法律」と言います。

なんだそりゃという感じですね。

トレーサビリティとは、「TRACE(追跡)」と「ABILITY(可能)」と組み合わせた言葉みたいなもので、「追跡可能性」と訳されたりします。
もともと、「traceability」という英単語なので和製英語ではありません。

この法律は、消費者には直接関係ありません。
生産者から小売業者まで、またはサービス提供者までの流れを明確に記録するというものです。
つまり、「○○県産○○ヒカリ」は、誰がどこで作ったものを誰が調製して、誰が流通して、誰が販売したかという記録を、物が動くたびにそれぞれが記録しなさいということです。

こんなこと、普通にやってるだろうと思うと思います。
はい、こんなこと普通にやってます。

なぜ法律化しないといけないか。
それは、記録に残したくないものを流通させるときは、うやむやにしちゃってたからです。

それが明らかになったのが、記憶に新しい「事故米」です。
あの時でさえ、ほとんどの流通は明らかになりました。
記録はほっといても残るんです。
しかし、悪いことをしているという意識のあるごく一部の人たちは隠ぺいしたのです。

今回は、それをさせないため、すべてのお米の取引に記録する義務を法律化したということです。


まるで、「事故米」は記録がされていなかったから起こったかのような流れですが、「事故米」の原因を作ったのは・・・あなたたちですよ。
なんで我々が、こんな当たり前のことを法律で縛られなければならないのか。
言われなくても記録なんて3年以上残してるって。



ま、それはさておき、4月1日からJAS法が改正され、お米の表示欄が変更されています。
これは法律で決められていますので、変更されているか確認しましょう。
 変更内容はこちらを参照

表示がしっかりしているから美味しいとか、中身が確かだとかは私は保証しませんが、法律で決まってることを守らないのは論外だと思います。

  by ことぶき米穀 店長
 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑応援していただけると嬉しいです。

| お米全般 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑















非公開コメント

http://ktb188.blog73.fc2.com/tb.php/202-68a1fa23

役立つブログまとめ(ブログ意見集): トレーサビリティの義務付け by Good↑or Bad↓

「トレーサビリティの義務付け」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

| 役立つブログまとめ(ブログ意見集)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ | 2010/08/23 17:52 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT