米サイドストーリー

「ベイサイドストーリー」と読みます。枚方市の米屋「ことぶき米穀」の店長が、米屋の日常などを書きます。古い記事の場合、お米の価格が変わっている可能性があります。最新の価格は、ホームページでご確認ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【産地訪問】長野県東御2【今年はうまい日本酒の話も】

前回の続き

翌朝、宿泊したホテルに白倉卓馬さんに迎えにきてもらい、大信州の酒蔵がある長野市へ案内していただきました。
八重原に行って、松本に泊まり、長野市へ行くという効率の悪い行程になったのは、大信州さんの本社が松本にあったため、そこに行くんだと勘違いした私のミスです。

1時間くらいかけて到着。

20130715-001

常務と係長に無理を言って、工場見学させていただきました。(お休みのところすみませんでした)

20130715-002

日本酒のあまり詳しくない私なので、知らなかったのですが、大信州酒造という会社はすごい会社みたいです。
品評会などで賞をもらうことは数知れず。
インターナショナル ワインチャレンジというのがロンドンであり、「SAKE部門」でゴールドメダルを獲得した酒造会社でもあるんです。

事務所でいろいろと質問や雑談などを。
八重原米で日本酒を作るに至ったいきさつや、お米のことしか知らない米屋に日本酒の質問など、いろいろ聞かせていただきました。

それから日本酒を作る工程などを見学。
日本酒の仕込みは寒くなってから行うらしく、この時期は普段着でも中に入らせていただけました。

中でもいろいろ写真は撮りましたが、ブログに載せて良いものかわかりませんので、ここには載せないことにします。

酒米の精米、蒸米、こうじ、酒母など、お酒を造る工程を詳しく教えていただきました。
知らないことばかりで、とても興味深く聞かせていただきました。
日本酒と、米焼酎との違いや、濁り酒と清酒の違いや、生と火入れの違いなど。

いいですね~。これからは私も日本酒を飲むようにしようかな。

20130715-003

帰りに、八重原米を作った日本酒をお土産にいただきました。
6人で行ったので、4本のお酒は血みどろの争いで奪い合い、私はなんとか1本ゲットしました。
(嘘です。あとで2本買い足して、平和に分けました。)

そんなこんなで、昼過ぎ。
連休の最終日だったので、渋滞も予想して、早めに長野県をあとにしました。

余談ですが、名神で事故渋滞40kmという表示を見て、名神を避けて、名古屋から東名阪→新名神を通り草津まで行き、ほとんど渋滞に巻き込まれずに帰ることができました。
ラッキーなのか、アンラッキーなのか。

  by ことぶき米穀 店長

| 産地訪問 | 17:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://ktb188.blog73.fc2.com/tb.php/463-5c2d208f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。