米サイドストーリー

「ベイサイドストーリー」と読みます。枚方市の米屋「ことぶき米穀」の店長が、米屋の日常などを書きます。古い記事の場合、お米の価格が変わっている可能性があります。最新の価格は、ホームページでご確認ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【秋に入荷】京都府南丹コシヒカリの産地視察

知り合いのお米屋さんの紹介で、京都の農家さんの田んぼを見てきました。

その農家さんは、京都の長岡京市でお米を作っていましたが、なかなかよいお米が作れず、よいお米を作るためにわざわざ遠く離れた南丹の田んぼを買い(&借り)、通いながら作られています。

待ち合わせした場所は高速道路の近くで、一面田んぼが広がる場所。
当日はかんかん照りというわけではありませんでしたが、それでも暑い。
車から出られんなーというような感じでした。

そこで農家さんと合流して2台の車で移動。後ろをついていきます。
ずいぶん走るなーと思っていたら、どんどん山を登っていきます。

「ほう、この山を越えた向こうに田園がまた広がっているのか」

と思っていたら、山の上に田んぼと集落がポンっと出てきました。
キツネに化かされたと思うような場所です。

車を降りてみると、涼しい!
太陽が陰っていたのもありますが、外にいても全然大丈夫。

20160703南丹-1


今年は暑すぎて、高温障害が心配されていますが、ここの田んぼは大丈夫でしょう。

20160703南丹-2

水も綺麗で、透き通っています。

まだ正式に取引も始まっていないので、詳しい場所や、生産者の名前は伏せておきます。
ただ、これはなかなか良質米が獲れるんじゃないかと期待できます。

このお米、早ければ10月上旬には新米が入荷すると思いますので、販売を開始したらまたお知らせしたいと思います。

  by ことぶき米穀 店長

腎臓病の方に医者がすすめる「春陽」 石川県能美産 玄米1kg 500円(税別)

| 産地訪問 | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://ktb188.blog73.fc2.com/tb.php/527-a3e1286a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT